logo

  • boss
  • kindaiti
  • kindaiti
  • kindaiti

 

良い探偵社を見極める為のチェック項目

 

料金表示が安すぎませんか?

最近の探偵や興信所の広告に『1000円から』『1日1万円から』と謳っているものをよく見かけます。
探偵の私が見ても『安い!』と思ってしまいますが…
こういった広告に騙されて契約し、調査終了後に別途料金といった形で高額な料金を請求されるケースや、見積もりに載っていない経費の請求、報告書作成代金等々いろいろな形での請求によるトラブルが発生する場合もあります。
探偵への依頼は人生で何度もあるものではありません。
「安いから頼む」では必ず後悔します。
どのような調査プランで内容はどうなっているのか詳しく質問して必ず確認しましょう

証拠写真や現場の映像などを見せてくれますか?

探偵にとって商品とも言える報告書
その報告書は依頼者にとって大変重要な物です。
その報告書を出さないなどの探偵社は本当に調査をしているのか不安にさえなります。
また、報告書は別途料金が発生するなどのトラブルにも繋がります。
面談の際に、報告書のサンプルを見せてもらい、自分が望む報告書のイメージを伝えましょう。

調査の成功・失敗の具体的なの説明は?

調査を行うからには、探偵のプライドをかけて必ず証拠を掴む!それが探偵です。
ですが、調査は人が行う以上、100%では無い事も事実です。
調査の過程において、不可抗力で調査を断念せざるをえないケースや、依頼者が原因で失敗するケースもあります。(探偵を雇った事を伝えてしまうなどの想定外の事態)
失敗の具体例や万一の対応(再調査や返金)などを事前に説明してもらえる探偵を選びましょう。

事務所の所在や代表者名の公開

事務所の所在地や代表者の氏名などの重要な情報をしっかり確認する
事務所が存在しなかったり、転送電話などを利用して、あたかも事務所が存在するように偽装するなど、悪質な探偵社が実在することは確かです。
偽装するということは、知られては困る何らかの理由があるからです。
依頼する側にとっては、信頼性にかけ、お金をはらうことすら怖くなってしまいます。
しっかりと明確に所在が確認でき、代表者の氏名などの情報も公開されていて、しっかりとした会社であることを確認したうえで相談しましょう。

調査においてのリスクも説明してくれますか?

調査には必ずリスクがあります。
調査の発覚などは探偵として失格ですが、全ての調査がスムーズに進む訳ではありません。
行動調査や行方調査なりのリスク等をしっかり説明してくれるか、料金はどうなのか?という面においても探偵社を選ぶ基準とされてみてはいかがでしょうか?

調査においての料金も説明してくれますか?

調査料金の説明
調査においてかかる費用の説明をしっかりしてもらいましょう。
契約金額の内訳や諸経費に関しての説目をしっかりしてもらう事。
延長になる場合の追加料金なども事前に確認して調査後にトラブルにならないようにしっかり確認しましょう。
報告書や証拠VTRのDVDなどが有料なのかそうでないのかも事前に確認しておきましょう。

電話対応時に社名を名乗りましたか?

電話応答時に『はい〇〇探偵社です!』とはっきり名乗らない探偵社が存在します。
これは昔から探偵社が行う不当行為で、複数の名称を一カ所でまとめて電話対応するといった行為を行っている可能性があります。

探偵調査を行う上での知識があるか?

依頼者にとってどういった調査を行ってくれるのか?という点は確認しておきたいところです。
夜間の追跡や撮影の方法や尾行する上での機動力、行方調査などではどのような手順で進めるのか、そのような点も探偵社を選ぶポイントなのではないでしょうか?
  支払い体制はどのような感じですか?
調面談を行わずに料金を催促したりしませんでしたか?
調査料金は面談を行い、プランを立てて初めて算出できるものです。
調査内容によっては調査料金が高額になるケースもあります。
所在もしかり、面談を行ってしっかり確認した上で、振込ではなくできれば手渡しでお金を支払いましょう。
振込で入金後に連絡が取れなくなってしまってからでは遅いのです。
 
Copyright © 2017 GALU Agency. All Rights Reserved.